日産のNISMO戦略

日産のNISMO戦略

日産がNISMOバージョンの車種を増やしつつあります。

 

NISMOといえば日産のレーシング部門ですが、これまではフェアレディZのNISMOバージョンのように、スポーツカーの公式チューニング車といったイメージが強かったですね。

 

GT-Rにも高性能のNISMOバージョンがありますし。

 

ところが少し前の発表では、現在の硬派なスポーツカーのイメージからもう少し柔らかい感じにして、女性層にまで広げたいとか言っていました。

 

ブランド戦略と言ってしまえばそれまでですが、これまでのNISMOファンからすると気持ちとしては微妙ですね。

 

最近ではマーチやジュークにもNISMOバージョンがありますし、この延長線上と考えればいいのでしょう。

 

それに、時間が経ってしまえば慣れてしまいそうです。

 

ちなみに、マーチとジュークはどちらもかなり「いい感じ」にチューニングされているみたいで、サーキットには行かないけど公道できびきび、爽快に走りたいという人にはちょうど良い車になっています。

 

トヨタのG's、日産のNISMOはディーラーで購入できるということでメンテナンスの面でも安心ですし、カタログに載っているので家族の理解も得やすそうです。

 

財布の紐を握られている車好きにとって、NISMOが女性層にも受け入れられると意外とメリットがあるのかもしれませんね。