日産の改造車と中古車

日産の改造車と中古車

日産シーマといえば高級車のはずなのによく車高を落として、悪い感じの見た目に改造される車でもありました。

 

地方にいくと今でもたまに見ますけど。

 

シルビアもよく改造されていましたが、どちらかというと走りを重視する改造が多かったように思います。

 

シーマが完全な高級車路線になってからは、価格が上がったためか極悪仕様のシーマは見なくなりましたが、代わりにスカイラインの改造車が増えたような気もします。

 

フェアレディZも改造されてもいいようなものの、やはりこちらも価格が高くなったためか、どちらかというと未改造でおとなしく走っているイメージが強いです。

 

具体的には、子育てが終わって生活に余裕の出てきた40、50代のおじさまが優雅に懲りこなすイメージ(全くもって個人的なものです)でしょうか。

 

あまり若い人が乗っているところを見たことがないですし、ある程度の歳じゃないと似合わないと思います。

 

スカイラインGT-Rは一昔前だったら若い人でもいわゆる「鬼ローン」(返済期間がものすごく長いローン)で頑張れば買えたかもしれませんが、今のGT-Rは1,000万円近くなってしまったので若い人には無理ですね。

 

こうやって見ると、かっこいい車に乗りたい若者が買うことができるのは中古車が現実的ですね。

 

フェアレディZの中古車が手頃な価格になってきているので、結構人気があるという記事も読んだことがあります。

 

やっぱりシルビアみたいに200万円ちょっとで買えそうな車が増えてくれるとうれしいんですけどね。